ライティングの依頼相場はどれくらい?失敗ポイントを知って費用節約

記事を書くライティングそのものが苦手、もっとたくさんのコンテンツをサイトに載せたい、そんな時にライティングを他の人に依頼する方法を外注といいます。

質の良い記事を外注で得ることができれば、効率よく多くのサイトを運営でき、自分が求めていてもライティングできない記事を掲載することにも繋がります。
結論から言うと、文字単価で依頼するなら0.5円から5円以上が目安です。

またインタビューやリサーチ力を求める記事を依頼する際は、依頼するライターの専門性により別途費用が発生するケースもあります。

たとえば0.5円で5,000文字の記事を依頼するなら、2,500円がかかります。さらにクラウドソーシングを利用するのであれば、サイト利用料が発生する場合もあります。

こうした費用を見たときに「自分ではまだこれだけの費用は使えない」「予算が足りない」と感じて、単価をより下げてしまうケースもあるかもしれません。

しかし依頼したい記事に合わせたライティングの外注費用の相場を知らないと、相場から見て安すぎると誰からも依頼を受けてもらえない可能性があります。

ここではライティングの相場について解説します。スムーズなライティングの外注に繋げていきましょう。

ライティングの外注依頼でおさえたい相場のポイント

多くの場合、ライティングの外注依頼は文字単価と依頼先に左右されます。

不特定多数の人に依頼を発注できるクラウドソーシングでは、比較的文字単価が低めで1文字辺り0.1~0.5円という依頼も可能です。

しかしその分だけ依頼できる内容も限られており、たくさんの人が見てくれるような質の高い記事は期待しにくいというデメリットがあります。

もう1つの依頼先が、記事作成代行会社です。複数のライターを抱えており、その会社を通し、得意なジャンルや記事の質を把握しているライターへ記事の依頼ができます。

会社側がSEO対策を請け負ってくれたり、記事の構成を工夫してくれたりと、より質の高い記事を書いてほしい場合に向いています。

その分費用は掛かりやすく、1文字辺り0.5~5円前後と、会社によって費用も様々です。

またクラウドソーシングでも記事作成代行会社でも共通して、文字数が多く、専門性が高いジャンルほど、相場も高くなりやすい傾向にあります。

この2つ以外にも、個人でブログやサイトを運営していて、良質な記事を作成している人に個別に発注する方法もあります。特に詳しい内容を求めている場合は、予算も踏まえたうえで特定のライターに依頼するのも手です。

ライティングの外注で依頼する前に知っておきたいポイント

ライティングを外注する前にまず、ライティングしてほしい記事の本数と予算、クオリティがあっているか確認します。

たとえば同じテーマの、1,000文字の記事を5本書いて欲しい、と考えた時、0.5円なら合計で2,500円は最低でも必要です。しかし求めるクオリティの記事がその費用で納品されるとは限りません。

ライターのレベルを確認するためにも、テストライティングを行えればベストです。

テストライティングとは、決まったテーマでライターに自由に書いてもらい、ライティングレベルを把握する方法です。

執筆時に情報の正しさを判断するリサーチ力や、専門性も確認できます。このテストライティングも、無償で依頼するとライターが受けてくれない場合があります。

テストライティングに必要な予算も含めて計算しておくと、外注しても誰も受けてくれない、といったリスクを減らせます。

もう1つのポイントが、依頼したい内容を詳しく記した指示書を作っておくことです。

テーマだけを決めておくと、書きやすい内容や、似たような内容ばかり納品されてしまう可能性があります。

キーワードやジャンルを絞ったうえで、誰に向けた記事か、書き方はどんな方法かなどを設定しておくと、記事同士が似るのを防ぎやすくなるでしょう。

ライティングを外注で依頼する前に自分ができることを明確にしよう

ここまで紹介してきたように、ライティングを外注する場合かかる費用は必要な記事の本数や文字数、ライターの質、追加で行って欲しい作業によって変わります。

基本は文字単価で計算され、0.5~5円が相場です。

相場で依頼することも大切ですが、外注で依頼する前に一度考えて欲しいポイントとして「この記事で本当に伝えたいことは何か明確にする」という点が挙げられます。

依頼したい内容を詳しく詰めていなかったために、記事の意図をライターに理解してもらえず、費用が膨らむばかりで求めていたライティングが行われない可能性もあります。

相場に合う費用を用意しておくことと合わせて、自分が書いて欲しい内容、記事で伝えたいことを明確にしておくと、無駄なくライティングを外注できます。

またライティングを記事代行会社に依頼した場合は、記事の構成や投稿まで請け負ってもらえることがあります。記事投稿までの負担を外注で減らした方が、最終的にサイトの充実に繋がることもあるのです。

今、自分ができることを明確にしておき、予算に応じて外注を活用して円滑に業務が進むように工夫していきましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

TETSUYA

はじめまして、テツヤと申します。 サラリーマンをしながら、副業でアドセンスブログを実践して稼いでいます。 メルマガで「アドセンスブログ外注化で初心者が3ヶ月で月1000円以上稼ぐ方法」をお伝えしています。 自分では一切作業をしないで、すべて外注に丸投げしています! それでも記事が自動的に出来上がってきて、ブログの記事数がどんどん増えている状態です。 詳しくはメルマガ登録をお願いします! ⇒ https://garoe.me/lp/